秋田で伝統の奇祭「掛魚まつり」(産経新聞)

 立春の4日、秋田県にかほ市金浦で、水揚げした生のタラを棒にぶら下げて市内を練り歩く伝統の奇祭「掛魚(かけよ)まつり」が開かれた。

 真冬に日本海で水揚げされるタラは味が良いが、海が荒れるため漁は命懸け。海上安全と豊漁を祈願して300年以上前に始まった。

 タラは重さが15キロにもなる大物も。金浦漁港から漁師や小学生らが2人一組で担ぎ、約2キロ先の神社に奉納した。“苦行”の末に願いはかなう?

【関連記事】
平家癒やす冬の灯火 湯西川温泉でかまくら祭り
鬼も不景気も芸者が活! 節分の日、北新地で「お水汲み祭り」
黄門さま一行になってみませんか 水戸の「愛好会」新規会員募集
無病息災願い奈良・大安寺で「笹酒祭り」
樹氷まつり 氷の寅や宝船など

本州に飛来のトキ、再び佐渡へ=昨年3月に続き2例目−新潟(時事通信)
伊丹空港廃止、国交省が検討…橋下知事明かす(読売新聞)
<強盗>無職男性を殴り現金50万円奪う 岐阜で男2人(毎日新聞)
外国人看護師候補者受け入れで実態調査へ―山井政務官(医療介護CBニュース)
「小沢独裁」と谷垣氏、首相は反論「一切ない」(読売新聞)
[PR]
by qbargdp4d5 | 2010-02-06 17:44


<< <雅子さま>病状の見解、東宮職... 国交省、JR東海に警告書 新幹... >>