<選挙違反>後藤議員の出納責任者に有罪判決 熊本地裁(毎日新聞)

 先の衆院選熊本3区に出馬し、比例復活当選した民主党、後藤英友衆院議員(43)の出納責任者で公職選挙法違反(日当買収)罪に問われた井上広世被告(42)の判決公判が28日、熊本地裁であった。野島秀夫裁判長は「弁護側の主張は事実関係にそぐわず不自然だ」として懲役1年6月、執行猶予5年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。出納責任者は連座制の対象で、井上被告の有罪が確定し連座制が適用されれば後藤議員は失職する。

 判決によると、井上被告は派遣会社社長の冨田忍被告(36)=同罪で公判中=らと共謀し09年8月19日〜9月11日、選挙期間中の運動報酬として派遣社員8人に計約73万円を支払った。

 弁護側は控訴する意向を示した。後藤議員は事務所を通じ「無罪が認められなかったことは遺憾だ。今後は控訴審の推移を見守らせてもらいたい。私自身は国会議員の職責を果たすため、活動を頑張っていく」とのコメントを出した。【遠山和宏】

【関連ニュース】
公選法違反:後藤氏派違反 共謀有無どう判断 出納責任者きょう判決 /熊本
廿日市副議長の公選法違反:有罪の1審支持、高裁が控訴棄却 /広島
北九州市議選の偽投票:山田国義被告が首謀と長男証言−−公判 /福岡
公選法違反:後藤氏派違反 共謀巡り主張食い違う 井上被告の公判結審 /熊本
公選法違反:後藤氏派違反 懲役1年を求刑 井上被告との共謀黙秘−−初公判 /熊本

<救急車連絡ミス>搬送男性が死亡 東京消防庁(毎日新聞)
関東甲信、1日夜から一部で大雪…多摩すでに雪(読売新聞)
内閣官房が沖縄連絡室 社民が「平野発言」に抗議(産経新聞)
鳥取不審死、睡眠薬効き?車停止…カーナビ解析(読売新聞)
連続不審死 埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
[PR]
by qbargdp4d5 | 2010-02-04 23:41


<< 国交省、JR東海に警告書 新幹... 法的決着発言「例えばの話」=官... >>