法的決着発言「例えばの話」=官房長官、社民幹事長に釈明(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は29日、首相官邸で平野博文官房長官に会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐる同長官の一連の発言について真意をただした。出席者によると、平野氏は土地の強制収用の可能性を「一般論としてはある」と否定しなかったことに関して、「例えばの話をしたのであって、自分の意思を込めて言ったつもりはない」と述べ、理解を求めた。
 平野氏は「(同県名護市長選の結果を)斟酌(しんしゃく)しなければいけない理由はない」とした発言についても、「真意ではない。民意を尊重するのは当然だ」と釈明。これに対し、重野氏は「誤解を与える発言はよろしくない。言葉を選んで正確に伝えないと(いけない)」と苦言を呈した。 

【関連ニュース】
普天間、14年返還目指す=鳩山首相
普天間、閣内の溝鮮明に=現行計画、選択肢か否かで
「斟酌理由ない」に抗議=官房長官、民意尊重と釈明
「徳之島」報告受けた=松野副長官
「信じて」発言、誤解与えた=鳩山首相

「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審−鹿児島地裁(時事通信)
<日本ペンクラブ>書籍デジタル化で意見書 NY連邦地裁に(毎日新聞)
逮捕の3人、供述食い違い…陸山会事件(読売新聞)
<掘り出しニュース>クマタカが離婚し再婚 国内初確認か(毎日新聞)
アカデミー賞候補に「アバター」など10本(産経新聞)
[PR]
by qbargdp4d5 | 2010-02-04 00:57


<< <選挙違反>後藤議員の出納責任... 2次補正予算が成立(時事通信) >>